親しき仲にも…

兄弟仲というものは結構難しいらしく、子供のころから喧嘩ばかりしているような兄弟は大人になっても喧嘩、というか関係が悪くなる傾向があるそうです。逆に子供のころに仲が悪かっても大人になってから良好な関係を築ける兄弟もいます。まぁ、大人になってからどんな関係を築くかはその兄弟それぞれですが、でも概して親がちょっと体調を壊したときに兄弟仲も悪くなる傾向があるそうです。これは親の介護問題に絡むことですが、いくら仲の良い兄弟だとしてもその兄弟の奥さん同士の中が悪いとなかなか良好な関係を築くのが難しい。兄弟って大人になるとその本人だけの関係でなく、家族同士の関係となっていくのでよほどお互い気を使う兄弟でない限りは良い関係を続けるのに多大な努力がいるようです。今ふうにならないためにはどうすれば良いか、それは「親しき仲にも礼儀あり」をしっかりと心得ておくことです。大人になってお互いに家族を持つようになってからは尚更のことです。子供の時から大人になってからもずっと仲良くいたいのなら、親しき中にも礼儀あり、を守るべきなのです。