月別アーカイブ: 2016年4月

人気の日本土産スイーツは?

日本のお土産で人気のスイーツに一つにキットカットの抹茶味があります。キットカットってご当地の味がありますよね。そのうちの一つで京都では抹茶味があるのです。抹茶味のキットカットって日本人が普通に食べてもおいしいのですが、海外の人が食べるととっても日本の味に感じるそうなのです。というのも抹茶って最近では海外でも売られているのです。もちろん日本のものとして、です。例えば海外でも人気のある日本の緑茶に抹茶入りのものが売られていたりするのです。ですから抹茶が日本のもの、というイメージがすでに海外では出来上がっているのでしょう。そんな外国人が日本着たら…、抹茶味のスイーツに目が行くのも無理ないでしょうね。キットカットは世界各地で売られていますし、それが抹茶味だと日本っぽさをキットカットという庶民が食べるお菓子としての親しみやすさを感じるのですね。抹茶味のキットカットだけでなく、抹茶味のポッキーやクッキー、チョコレートなどもお土産として人気があるようです。この夏に海外にホームステイに行く予定がある方、これらのお菓子を日本からのお土産として持って行くと、ホストファミリーの方は喜ぶかもしれませんよ!?

 

 

懐かしの、コレ!

久しぶりに懐かしお菓子を食べています。たまたま知り合いがパチンコの景品で当ててきたお菓子の詰め合わせ。その中に昔からあるヒット商品、今も沢山の人に愛されているお菓子も入っていました。それは、とんがりコーンやキャラメルコーン、源氏パイ等‥。誰もが子供のころに一度は口にしたことがあるようなお菓子たち。素朴で優しい味で誰にでも受けるこのお菓子達。食べながら本当に懐かしい気持ちになりました。誰にでもこのように食べると昔を思い出す味ってあると思います。それは例えばおふくろの味と言われたりするのでしょう。懐かしい味に触れる時、子供の頃の思い出も同時に鮮やかによみがえってきますよね。私の場合、今回頂いたお菓子の中でそんな感情を思い出したのはとんがりコーンを食べた時です。あの三角すいの中の空いている空間に指を入れて「帽子」なんてして遊んでいましたっけ、幼い頃!パチンコの景品のお菓子だなんて、もしかするとあまり良いものではないのでしょうけれど、でも懐かしい気持ちを思い出させてくれた、私にとって嬉しいお菓子でした。

チアシードの扱い方

今話題のスーパーフードと言われる、チアシード。じわじわと人気が出てきただけに、今では手軽にスーパーマーケットで購入できるようになりました。そのチアシードですが、正しい方法で食べないと逆の効果をもたらしそうです。参考:チアシードダイエットの効果と危険性をチェック!

チアシードはまず、水につけて膨らませてから食べるものです。これが本当に大切で、チアシードそのまま食べようとしないでくださいね。水にチアシードを入れると10倍ほどにも膨らみますから、チアシードを水につける時は多めの水に付けてください。そして膨らんだものを食べましょう。そのままですとあまり味もありませんから、何かと一緒に食べるのが良いでしょう。例えばヨーグルトなどはお勧めです。チアシードは食物繊維の多い食品ですから、ヨーグルトオリゴ菌などはその効果をより発揮させるのに一役買ってくれるでしょう。チアシードは一時期、副作用があると言われていました。それはカビが混ざっている、という事ですが、チアシード自体にはカビが付くことは少なく、チアシードの保存状態によってはカビが生えることもある、という事です。チアシードは古くなる前に食べるのがよさそうですね。