月別アーカイブ: 2015年11月

子供服の選び方

子供服を選ぶときにどのような素材を選べばいいのか、は新米ママの共通の悩みだと思います。一番子供の肌に触れる肌着を考える、そんなときに間違いないのはやはり綿素材のものだそうです。これを選んでおけば間違いはないそうです。綿は昔から使われる素材で老若男女、安心して使える素材ですよね。ですから迷ったときは綿素材の肌着を赤ちゃんには選んであげましょう。夏は汗を吸い取り、冬は保温性に優れる。また化学繊維と違い蒸れることも少ないのだとか。赤ちゃんの肌はまだ未熟で敏感なのでそんなデリケートな肌を守ってあげるのには綿素材がピッタリです。肌着以外の例えばアウターなどの素材はそれぞれの場合に合わせて選ぶのも一つの手だそうです。保温性の強いものを冬服に選ぶのも一つの選択肢でしょう。夏はサラッとした素材を選ぶのも賢いと思います。このように肌の素材も賢く選んで、赤ちゃんの活動と動きを邪魔しないような服を選ぶのが大切でしょう。

山崎豊子さんの展示会

とても好きな作家さんがいます。今はもう亡くなられたのですが『沈まぬ太陽』や『不毛地帯』を書かれた山崎豊子さんです。山崎さんの小説は実際にあった事件や事実に基づいて話が作られている。完璧なノンフィクションではありませんが、でも「取材の鬼」と呼ばれたほど取材を徹底的に行ってそれから執筆にかかるそうです。だからドキュメンタリーのような臨場感で物語が進んでいきますよね。前述した二つの作品に加えて『白い巨塔』などの小説が今もなお人気なのは取材をきっちりされてから、綿密なプランを立ててから書かれるからでしょうか。先日NHKで山崎さんのドキュメンタリー番組が放送されていました。これまたとても面白い番組で、途中から録画したくらいです。その山崎さんの追憶展示会が全国4会場で開催される、または開催されました。関西では来年からなので、是非見に行こうと思って早々にチケットを手配しました。人気小説家の舞台裏を見られるかも・・・と期待しながら展示会に行くことにします。

転職の機会はいつでもあるの?

一生のうちに転職の一度や二度、女性ならあると思います。今や終身雇用という言葉が死語になり、転職する方も珍しくなくなりました。今どきの若者達に聞くと、若くとも一度くらい転職したことがある人がザラにいます。転職は珍しい事ではちっともなく、自分の可能性を高めるためや自分のやりたい仕事のために転職する人はむしろ増加傾向にあるといっても過言ではありません。日本では終身雇用が一番良い就職スタイルと長年思われてきましたが、でも欧米では自分の可能性のために転職するのは当たり前の事。自分にそれだけの能力があるのなら、お給料の件も踏まえて、条件の良いところにどんどんと就職していきます。日本もそのようなスタイルになりつつあるのかもしれません。あなたがもし女性なら、 女性の転職☆30代からの求人~仕事を見つける方法 を追及してみましょう。女性は出産などでどうしても働き方が変わってしまうもの。でも、例え一度社会から離れてしまったとしても仕事を持つという事に対して諦めないでください。可能性や能力がある人には必ず道が開けるはずですから!